OCGの遠足: LA 動物園

OCG at the LA Zoo

この春の不安定な天気も、この日は私達の願いを聞き届けてくれたのか、 5月18日の土曜日はうす曇から晴れ間が見える過ごしやすい気候になり、LA動物園へのOCGの遠足日和となりました。

朝の10時にはバスを利用しなかった家族が続々と正門の前に集まりはじめ、OCGからの4台のバスを待ちました。 生徒たちは新しいオレンジのTシャツを着ていて、これはこの日1日生徒たちを見つけるのに、すごく役に立ちました。 バスから続々を降りてくる生徒・先生・付き添いの家族を集めて、正門の横で記念撮影です。 そこからは、それぞれのグループに分かれて、みな動物園の中に入っていきました。

JFL中学・高校・J1の生徒と3人の先生方で周ることになり、早速アシカとアザラシのいる水槽から出発です。 ティーンエイジャーはさすがに低学年の生徒たちのように、歓声をあげるようなことはありませんでしたが。。。

時間帯のせいか、この日の動物園でのメーンテーマは“お昼寝”だったようで、 ライオンもトラも雌雄つがいで仲良くお昼寝中でした。 仲良くお昼寝中でした。 熊にいたっては、洞窟から出てこないので、 みなでしばらくコンクリートの山を眺めただけでした。 さすがに元気なのは、ゴリラやチンパンジーを含むサル全般です。

動物園内はとても大きく、上り下りもたくさんあって、グループ同士がすれ違う程度でしたが、 ゴリラカフェの横のピクニックエリアはOCGのお昼に大人気で、 次々とグループがとまってはお弁当を楽しんでいました。外で食べるお弁当が最高に美味しいのはなぜでしょうか?

お昼のあとに地図をみてみたら、まだかなりの広範囲を周っていないことが判明したので、さっそく出発です。 午後の目玉は“アジアの象”という展示です。

動物園のウェブサイトにも、いかに象たちが自然に近く暮らしていかれるかを重点においた、注目のエリアです。 タイの伝統の建物にまねた大きな赤い建物が象の寝床のようですが、広場には象は一頭も出てきていません。ここもお昼寝中~?

ぐるっと一周して、もう最後というところで、 一頭の象が食事中なのをようやく発見して、ムーン先生は大興奮でした。 ムーン先生は大興奮でした。 そのあと、最後の展望台のところから、遥かむこうを通り過ぎる牙の立派な象が一頭。 たぶん彼がここのスターのビリーだと思います。 みんなも遥か遠くでも、象が見られたかな?

1時45分には正面玄関に集合で、私達はバスに向かいました。 PAオフィサーの皆様、楽しい企画ありがとうございました。お疲れ様です。

Previous

Next

Comments are closed.